禁煙することのメリットを知ってしっかり禁煙しよう!

長年愛煙家で、なかなか禁煙できないという方も多いと思います。
また、禁煙を考えていていざ実行したとしても、なかなか禁煙できなくてあえなく断念してしまったなんて方も多いと思います。
そんな、禁煙がなかなか難しいという方でも、禁煙をすることのメリットを知ってしっかり禁煙してみませんか?

まず初めに、禁煙することのメリットですが、何と言っても体調がものすごく良くなります。
喫煙をしていると、どうしても疲れやすくなったりイライラしてしまうことが多いですよね。
禁煙をすることで、今までとは違い疲れにくくなったり、ついイライラしてしまうことが少なくなります。

次に、禁煙することで以前のように味覚が鋭くなり、食べ物を美味しく頂くことができます。
毎日の食事は欠かすことができません。
この毎日欠かすことができない食事を、美味しく食べるかそうではないかによって、食事に対する考え方や楽しみがだいぶ違ってきます。
禁煙し、食べ物を口に入れた瞬間「おいしいな~!」と感じることができると、一日がんばった仕事の疲れも吹っ飛びますよね。
また、美味しい食べ物を食べているときには、幸せホルモンが分泌されるので体の面から見ても非常に良い効果があります。
こうした禁煙することで得られるさまざまなメリットをもう一度よく考え、ご自身の体でその効果を実感してみてくださいね。

禁煙を頑張りタバコを吸わない私を想像する事で、とても嬉しくなります。

タバコも値上がりして、お安いものではないという感じも受けます。
でもタバコを吸う事で、心休まる又この先の事がはかどりやすい等と理由は様々です。

生活への必需品となる人も、多くいらっしやるのではないでしょうか。

いざタバコをやめようと思っても、禁煙の為に使うかぎタバコ等の購入は高く感じるものです。
タバコ代は使う事ができても、禁煙する為に掛かる病院代や禁煙する為に使うものを購入するお金は、高く感じるものです。

個人輸入で海外からの商品を購入する事で、お安い場合等もあるようです。

タバコが好きで吸っていた私も、人にタバコを吸う人と感じられる事は嫌なのです。
喫煙者は、臭いがするという問題です。
その為に、ニオイを防ぐ商品もあります。

タバコを吸うにも関わらず、タバコの臭いのある家やお部屋は嫌と感じておりました。
とても身勝手な私だとも思いますが、実際はタバコを吸うために臭いに鈍感になっていたと思います。

私はとうとう、ついに禁煙するための手段を試みています。
そんな気持ちをもちながらも、今になり薬局でタバコを吸う人の為の、お口の臭い消しを購入しました。

お口の臭い消しや、禁煙ガムの位置を薬局の女の店員さんに聞きました。

薬局の店員さんも、私と同じに禁煙に挑戦し始めている人でした。
私が禁煙を頑張っている事に気づいたのか、店員さん側から、タバコをやめるのお互いに頑張りましょうねと言うのです。

最近は薬局にも昔と違い、色々な商品が多く並べられています。
でも身体に悪いタバコだけは、置いてはいないのです。

現実を具体的に把握する

私は十数年喫煙していました。
十数年で禁煙を何度か試みました。しかしその誰もが失敗しました。
ある時現実を見てみることにしました。
現実と言うのは私は一体タバコにどれだけお金を使っているか、それだけのお金を使って自分の体をどれだけいじめているか、
です。

私が喫煙していたのはまだソフトケースで210円か20円だった頃だったと思います。そして了としても2日で1ケースあまり多い方ではないかと思います。
そこに、10数年のケース数をかけてみました。そしてそこに金額をかけてみました。

軽く新車の軽自動車が買えました。
そして、それだけのお金をかけてまで自分の肺をいじめているのです。
もちろん肺だけでなく気管支、周りの空気、壁や天井、自分が使っている小物。

当時は一人暮らしをしていたので、引っ越しの際に壁紙の交換等清掃にかなりのお金がかかりました。
それもプラスにすると普通乗用車は買えます。

そこまで考えてくると、果たして何百万もかけて自分をいじめ、周りの物を汚し、タバコを嫌いな人の気持ちを考えず喫煙をする価値があるかどうか。

考え始めたらキリがないほどの理由が出てきます。そしてなぜ喫煙をしているかこちらを考えれば、
人付き合い、主に会社の社交上の付き合い
暇つぶし
吸い始めたらやめられない
気持ちが安定する

喫煙をしている理由を考えれば単純なものかと思います。
喫煙する前、ファミレスで注文してから料理が出てくるまで何をしていたか、
喫煙する前気持ちはそんなに不安定だったか、
喫煙をしない人は社内で成功しないか、
吸い始めたらやめられない。

吸い始めたらやめられない。ならば今後一生かけてタバコを購入する金額を考えると、もしかしたら立派な豪邸が立つのかもしれません。

自分に都合の良いように言い訳ばかりしている自分に気づきました。
そしていつのまにか興味がなくなりました。

やめて気づいたこと。
いつも喫煙場所を気にして外出していること
いつもタバコを持ち歩かないと落ち着かない自分がいること
タバコをやめるだけでかなりの出費が減ったこと
タバコをやめたらタバコをあまり好まない方とも関われること

気づいたことは沢山あります。
タバコにしばられていた自分がただそこにいること。

わたしが禁煙と向き合って、戦った結果

わたしは20歳からタバコを吸い始めました。
はじめはみんな吸っているし自分も吸ってみようかなあという軽い気持ちからでした。それからタバコを吸い続けていました。気がつくとタバコを吸わないとモヤモヤしたり、イライラしたり、吸わないと気がすまなくなってしまっていました。これまでは特にやめようと思うようなきっかけもありませんでしたし、自らやめようと思うこともありませんでした。軽い気持ちから吸い始めたタバコでしたが、気がつくとニコチン依存症になっていたのでしょう。ニコチン依存症なんて深く考えることもありませんでした。そんなときに、わたしの妊娠がわかって、結婚することになりました。妊娠中の喫煙が良くないことは分かっていました。しかしわたしは別にタバコを吸っても大丈夫だろう!と思い込んでお腹の赤ちゃんのことを全然考えられていませんでした。妊娠をきっかけに、本やインターネットの記事で出産のために役立つことなどを調べているうちに、妊娠中の喫煙がどれだけお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼすのかわかりました。未熟児が産まれたり、知能に影響が出ることは少しは分かっていましたが、なによりも赤ちゃんに酸素が届きにくくなってしまって、お腹の赤ちゃんが苦しいということが一番わたしの中で深く印象に残りました。自分の娯楽のためだけにこれから産まれてくる赤ちゃんに苦しい思いをさせてもいいのかと、そこで初めて禁煙を決意しました、
禁煙を決意してから、まずインターネットで禁煙成功のためにいろいろな記事を読んで調べ始めました。禁煙することは簡単なことではないと分かっていましたが、現実は本当に厳しいものでした。最初は一日にタバコを吸う本数を減らすことから始めました。一日に一箱以上は必ず吸っていましたが、まずは一箱にとどめました。吸う本数を減らすことはわたしにとってはとくにしんどいということなどはなく、続けられました。日に日に本数を減らしていくのですが、やはり減らし始めて日数が経っていくと辛くなってきました。朝起きたとき、食後、仕事の合間などいつもタバコを吸っていたときに吸えないので大変でした。どうにか気をまぎらわせようとガムやアメを口に入れてひたすら我慢して、タバコのことを考えないように意識しました。この方法は最初はいいのですが、長くは続きませんでした。どんどんタバコが吸いたいという欲は強くなるし、意識しないようにすればするほど頭の中はタバコのことでいっぱいでした。赤ちゃんのためにも早く禁煙しようとそれだけを考えてがんばりました。途中で何度も何度ももうタバコを吸ってしまおうと思うことがありました。そのたびに家族に、いいのか?それでいいの?意思が弱いんだなと言われました。わたしは禁煙を始めるさいに、まわりの人たちに禁煙すると宣言していたのです。まわりにあらかじめ宣言しておくと、どうしても禁煙せざるをえないからです。そのため、タバコを吸いたい欲に負けて、くじけそうになることも何度もありましたが、まわりに鼓舞されて禁煙の意思を貫いてきました。そうこうして、自分と戦う日々が一ヶ月経ちました。気がつくとわたしは禁煙に成功していたのです!きっと、わたしは妊娠、結婚がなかったら一生禁煙なんてすることはなかったのではないかと思います。禁煙に成功して、本当にごはんがおいしく感じるようになりました。今までタバコのせいでおいしいものもそこそこに感じていたのでしょう。禁煙すると、ごはんがおいしくなるとはよく聞いていましたが、実際に自分で経験してみると本当なんだと思いました。ごはんがおいしく食べられるということは、やはり体重も増加しました。そして、タバコをやめてなにより変わったことが、肌です。フェイスラインが荒れていたのが、みるみるきれいになっていきました。女性として肌がきれいになったことはなによりも嬉かったです!そして、もうひとつ変わったことが歯の黄ばみです。タバコを吸っていて黄ばみは気になっていまし。そのため、吸っていたころから黄ばみに効果的なマウスウォッシュを使っていましたが、なかなか効果はありませんでした。しかし、タバコをやめてからもマウスウォッシュを続けているうちに少しずつですが、歯の黄ばみがなくなってきているのです。これには驚きました。今までタバコを吸っていたのでなかなか効果がでなかったのだと実感しました。これからもマウスウォッシュを続けてきれいな歯を目指していきたいです。わたしはタバコをやめてから、コンビニの入口やファミレスなどでのタバコのにおいに敏感になりました。あんなに好んで吸っていたタバコなのに、そのタバコのにおいがくさいと感じるようになっていました。そしてタバコを自ら避けているのにも驚きました。ニコチン依存症で自分はタバコをやめられないのだろうと思っていたのにまさかここまで変化がでるなんて本当に驚きです。そして、お腹の赤ちゃんも順調に成長して、無事に出産を終えることができました。幸い、何の障害もなく、元気で健康な赤ちゃんが産まれました!きっとこの子には、わたしがタバコを吸い続けていたら、お母さんくさい!と言われていたかも知れません。副流煙で大事な家族の健康にも影響が出ていたかもしれません。タバコをやめられて本当に良かったです。何だかんだ結局は、自分との戦いです。意思が弱いと絶対にやめることはできなかったでしょう。意思が弱いな!としかってくれた家族にもとても感謝しています。タバコをやめて自分の体や健康と向き合う良いきっかけになったと思います。1度吸い始めるとなかなかやめられないタバコですが、冷静に自分と向き合って真剣に考えてみないといけない大きな問題だと思います。自分もそうですが、タバコを吸っている人のまわりにも副流煙というかたちで、悪影響を及ぼすということもちゃんとわかって自分がタバコを吸うのきの場所もしっかり考えてほしいと思います。参考になるかどうかは分かりませんが、わたしのこのような経験談が、タバコをやめたいと少しでも考えている誰かの役に立てたらうれしいと思っています。

喫煙でニキビができやすくなるの?タバコと肌荒れの関係

年代別のニキビと戦う!私の試したスキンケア

思春期からニキビに悩まされて15年近く。つるっとした赤ちゃんのような肌に戻ることは不可能なのでしょうか。いつの時代にも生活スタイルによって肌荒れのトラブルは止みません。どんなにスキンケアに気を遣っても、年齢とともに合わなくなってくる感じ、ありませんか?そこで、私が試して効果のあったニキビ用洗顔・化粧水と普段のお手入れについて年齢をおってお伝えします。
まずは10代の頃に悩まされた油っぽいニキビ。気になって潰してしまうことは厳禁!(私も我慢できなくて何度もやってしまいまいたが・・)あと5年後くらいにおおきなニキビ跡になってしまい、大変後悔します。絶対にやめましょう。この油分が原因でできるニキビには、清潔にすることが一番効きました。汗をかいたまま放置しない、汚れた手で必要以上にさわらないこと。むやみに洗顔して水分や油分を奪ってしまうこともやめました。乾燥もニキビができる原因の一つです。そして、その頃に私が使っていたスキンケアはパパウォッシュでした。粉末状の洗顔料に水分を加えると、きめ細かい泡をつくることができ、洗い上がりはさっぱり。しかし潤いも残してくれるので、肌はしっとり。きめ細かな泡のおかげで毛穴まですっきりする感じが好きでした。そして効果が早めに感じられるのも素晴らしいところ。すべてのニキビがつるっと治るところまではいきませんでしたが、恥ずかしくなるくらい大きいニキビや、できてから悪化させてしまうことは格段に減りました。
20代になって、生理前の肌荒れニキビ、食生活の乱れやストレスで肌荒れもするようになりました。また、メイクし始めたことで毛穴がつまり、目立つのも気になりだしました。そこで実践したのが、メイクをしっかりと落とすこと。飲み会や遊びや仕事で夜遅くなって帰宅し、このまま眠ってしまいたい、という時にも、メイク落としと洗顔だけはやるようにしました。これだけでかなりのニキビや肌荒れが改善。友人は、「化粧を落とさずに一晩寝てしまうことは、ぞうきんを被って寝ているのよりも汚いんだ!」と言っていました(笑)確かにその通りかもしれません。このころに出会ったスキンケアがプロアクティブでした。洗顔にはスクラブが入っており、毛穴が洗浄される感じ。潤いは残してくれるのも優秀でした。化粧水でさっぱりとしたはだを作り、ナイトクリームで潤いを閉じ込めて肌を整えることができます。この、洗顔・化粧水・ナイトクリームとステップを追って丁寧にケアすることができるところもポイントです。丁寧なケアを続けることで、ほとんどニキビはできなくなりました。20代の間、本当に長くプロアクティブにはお世話になりました。
30代に差し掛かるころ、毛穴が目立ってきたこと、出産を経て肌のくすみやシミも気になりだしました。日焼け対策をしっかり行うことと、肌の乾燥を防ぐことで肌を整えること、生理前のニキビにも対応できるようになってきました。そのときに使い始めたのがオルビスのクリアシリーズ。オイルカットされているので、洗い上がりはかなりさっぱり。肌や毛穴もキュッと引き締まる感じがあります。その後同じシリーズの化粧水、保湿液でケアすればしっとりきめ細かい肌が保たれます。私は、体にもニキビができやすく、こちらも長年の悩みの一つでした。水着になったときや、着替えの時など人に見られたくないな、と感じている人は少なくないと思います。普段のケアで気を付けているこてゃ、シャンプーやリンス、ボディソープの流し残しがないようにすること。これは大きいです。また、髪の毛が触れて炎症しているケースも多いので、なるべく束ねたり巻いたりして、背中にチクチク当たらないように気を付けています。またオルビスには、この背中ニキビに対応したシリーズもあります。ボディウォッシュは泡立ちがよく、全身に使うことができます。背中までスプレーできる化粧水も使えば、スーッと気持ち良い清涼感が広がります。時間をかけ、背中もきれいになってきたように思うので、現在も続けています。
自分でできるスキンケアについてお話ししてきましたが、本当にニキビがひどく悩んでいるようであれば、皮膚科を受診することをお勧めします。よく効く薬で、きれいに治すことができ、無駄にお金をかける必要もありません。しかし、できることなら自分でケアしてきれいな肌を保ちたいですよね。いくつになっても、肌荒れ、ニキビとの戦いは続いています。それはきっと女性ならみんな同じで、テレビで見るモデルや女優もいつも肌がきれいなのではなく、努力をしているから美肌が保たれているのです。ストレスや疲れが溜まったり、美味しいものをついつい食べ過ぎてしまったり、仕方のないことですよね。しかし、年齢にあったスキンケアと、普段の生活で少し肌に気を遣うことで十分きれいでいられると思います。お互いに努力を続けましょう!